頭皮環境を良くできるノンシリコンシャンプー|おすすめヘアアイテム

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪を染めるには

シニア

いろいろな種類

黒髪の中に白髪が混じると気になりますし、そういった場合は白髪染めを使用して髪の毛を染めるといった方法が一般的に人気で、数々の白髪染めが市販されています。そんな白髪染めにも種類があり、おもに染まり具合が強いものではヘアカラーやヘアダイがあり、これらは髪のキューティクルを開いてカラーを内部に浸透させるために色づけ効果が高いですが、髪や頭皮にとっては刺激が強くて損傷しやすいという面もあります。それよりはやや効果は劣るものの、数週間から一か月程度は色持ちするもがヘアマニキュアやシャンプー、トリートメントやマスカラ、ヘナといったもので、これらは種類も豊富なので染まり具合や頭皮への影響等、いろいろ考えた上で好みに合わせたものを選ぶことができます。そしてヘアスプレーやファンデーションなどは、一時的に髪の表面のみを染めるために長続きこそしませんが、とても手軽かつ簡単に利用できるという特徴があります。

より染まりやすく

自宅で市販の白髪染めをセルフで使用しても、上手に染まらないこともよくあります。これはその白髪染めの種類によっても異なるため、その種類に合わせた染め方を実施することが大切です。また白髪染めの量はその商品の適量を使用することが基本で、多すぎてもそれ以上の効果は得られません。そして染めている最中は室内の温度や湿度に注意し、ラップやシャワーキャップ、蒸しタオルなどを頭に巻きつけ、ドライヤーの温風を使用するなどして乾燥を防ぎましょう。あとは説明書やパッケージに記されている平均的な放置時間よりも、やや長い時間放置をすることでより綺麗に染まりやすくなることもあります。ただし長すぎる時間の放置は髪を傷めることにもつながるため、あくまで少しだけ長くする程度にとどめましょう。